いきさつ 走行の様子

7月のある日、何気なくネットを見ていたら「超電導リニア体験乗車実施に関するご案内」の記事が目に留まりました。
リニアのサイトを見ると「超電導リニア体験乗車」の申し込みサイトがありました。しかも本日が申込み最終日となっていました。

当選確率が前回は百数十倍と聞いていましたので、ダメ元で申し込みをしてみました。申込日を7月30日にしました。この日は私の誕生日です。
JR東海さん、プレゼントをお願いします。という気持ちで応募しました。

数日後、当選のメールが送られてきました。JR東海さん。誕生日プレゼントをありがとう。

こうしてリニア試乗会に参加できました。

動画は、試験会場から見えるリニア走行の様子です。
これからリニアが走行しますというアナウンスがありますので、会場内の人は皆注目しています。
そこに時速500kのリニアが目の前を走り去っていきます。あっという間です。

「わ~!!」
「早~い!!」
「よく見えなかった」
「すごい!!」
会場内のほとんどの人の歓声です。

2027年の名古屋までの開業に先駆け、リニア試乗を体験してきました。
試験走行はトンネルがほとんどで外の景色はほとんど見えません。
もっぱら車内のモニターで速度表示と先頭車両からのトンネル内映像を見るだけです。

しかし、飛行機とも違う、新幹線とも違うリニア独特の雰囲気を味わえました。

会場への工程、試験会場の様子、そしてリニア乗車の体験をご覧ください。

pagePiling

リニア見学センター

リニア見学センターは「どきどきリニア館」「わくわくやまなし館」と
「リニア試験場会場」の3つの建物で構成されています。

どきどきリニア館 わくわくやまなし館 リニア試験場会場
入館料・大人420円のリニアの模型、ジオラマなどがあります。 リニアグッズや地場産業のおみやげを売っています。
「どきどきリニア館」「わくわくやまなし館」とも走行中のリニアを見ることができます。
リニア体験乗車に当選した人だけが入れる施設です。リニアの乗降口になっています。
リニア館 やまなし館 試験場会場

写真をクリックすると大きな写真でご覧になれます

時速500km

リニア動画
リニア乗車中は社内モニターで先頭車両からの景色と速度が確認できます。
時速500kまでの様子をご覧ください。
Rinia500
走行中はゆれがあります。止まっている時と低速走行ではタイヤで走行しています。
タイヤ走行中は特にゆれを感じますが、タイヤ走行からリニア走行に切り替えると、いくらか収まります。
また、手荷物の持ち込みには制限があり、カメラはOKですが、三脚はNGでした。
そのため、手持ち撮影で映像が乱れています。