2012年12月9日
●2012年度前野フリーズ納会
今年最後のイベント”納会”が行われました。
チーム成績の発表の後、個人成績が発表され、
今年活躍した多くの選手が表彰されました。(拍手)
選手全員から今年の思い出と来年の抱負の発表(笑顔)、
この納会が最後の納会となる6年生からフリーズでの思い出と感謝の気持ちが語られました。(涙)
竹内監督制作の思い出のDVD鑑賞(涙、笑)
納会ゴスペル隊による「日曜日よりの使者」熱唱(驚、笑)
フリーズOBで現役社会人選手の遠藤徹君からプレゼントされたプレミアム野球道具の争奪大じゃんけん大会(興奮)
最後の大ビンゴ大会で大いに盛り上がって、終了。
今年も涙あり、笑いありの素敵な納会でした。


6年生への記念品、そして監督へもサプライズの記念品
写真はこちらから

2012年12月9日
前向きニュース−番外編−

『君たちのおかげで』

いつの頃だろうか、
日曜日が休息の日ではなくなってきたのは。

いつの頃だろうか、
月曜日が筋肉痛の日になったのは。

いつの頃だろうか、
野球のない週末が寂しく感られるようになったのは。

試合に勝った翌日の月曜日は気持ちいい。
試合のことを何度も思い出して、こころがウキウキする。

試合に負けた翌日の月曜日は不快な朝を迎える。
思い出したくない試合のことが脳裏に浮かんでため息が出る。

そんな気持ちを抱えながら、今日も真剣に働く。

木曜日にメーリングリストに送られてくる今週末の予定を見ながら、週末の段取りを組む。

金曜日は明日のことを気にしながら飲む。

平日がどんなに忙しくても、週末に思いをはせないことはない。

そして週末。
いつものように君たちに会うために早起きし、グランドに向かう。

仕事で疲れても、人間関係で嫌なことがあっても、
必ず日曜日はやってくる。

いつの頃だろうか、
日曜日が疲れをいやす日ではなく、エネルギーをもらう日になったのは。

そんなエネルギーを運んでくれる君たちのことを感謝を込めて僕はこう呼ぶ、

『日曜日よりの使者』

(池谷コーチ前向きニュース番外編−納会用−)

2012年12月8日
前向きニュースfinal

『2012年』

この時期、前野小の校庭は体育館の影が長く伸び、朝の早い時間は日陰が多くなる。

日陰と日向のコントラストに目が痛い。

新しい体育館の工事が始まれば、日陰がもっと大きくなるのだろう。

そんな校庭で、子供達がキャッチボールしている姿を見ていた。

ケントがユウダイに身振り手振りで投げ方を教えている。
ショウタがトモキに「ナイスボール」と声をかけている。
ヨウヘイが笑顔でタイチの球を受けている。
ショウは1年生二人を相手にしながら、あっちへこっちへ動き回り、ユウトはハルと楽しそうに投げあっている。
タツマはコウタにキャッチャーの構えを指導しながらキャッチボールしていた。

「6年生、低学年に教えてやってくれ」
と言ったら、皆嬉しそうに快く応じてくれた。
今年の6年生はこういうところが良い。

今年のシーズン初め、低学年は昨年と同じ2年生の4人だけだった。
体験教室のあと、トモキ、ユウダイ、ケンジロウ、ケイスケが入ってくれた。
しばらくしてコウタが入って、低学年だけで試合が出来る人数になった時は嬉しかった。

秋になって、リンダイとセイダイも加わって、今年の初めまで一人もいなかった3年生が3人になった。

6年生は、今年の目標としていた前野地区優勝を果たし、2年ぶりに中央親善にも出場した。

志村秋季の最後の試合、応援に行けなかったけど、試合の様子を聞くと「良い試合だった」と皆が言う。
最後の試合は大抵、惜しかった、力が発揮できなかった、というような感想を聞くことが多いが、今年は違った。
とても弱かった低学年時代から考えると、子供達の成長に胸が熱くなる。

一方で、期待した新人戦は、意外にあっさり終わってしまった。

でも、Bチームが着実に力を付けてきて、年明けの上部大会に志村地区の代表として参加する。
来年への期待が膨らんだ。

今年もグランドにたくさんのOBが遊びにきてくれた。
合宿にもOBが参加してくれた。

ショウゴとヨシダユウトはそれぞれ新たな目標に向かって別の道へと進んだ。

ケンスケは上海に旅立った。

ソウルに旅立ったコーチは毎週のように戻ってきてくれる。
本当にソウルに行ってるのだろうか?

大阪のコーチからも熱い応援が届く。

そんな2012年のシーズンがもうすぐ終わる。

明日は納会。

(池谷コーチ前向きニュースfinal−納会イントロ−)

2012年12月9日
●板橋野球連盟6年生を送る会


6年生整列!
写真はこちらから

2012年11月25日
●志村秋季大会(Dチーム)
vs蓮根ロータス 11対1で敗戦 

『物語の始まり』


戸田で帰り支度をしながら雑談していた時、ハルが言った。
「この前は緊張していたから」
前の試合はあんなに泣いてたのにな、とコーチに言われたことに対する返事だった。

試合後のミーティングの時の子供達の顔つきが前の試合とは違った。

前の試合後は、コウタとタカオとハルが大泣きし、マオは大きな目を真っ赤にし、タイチは目が点になっていた。

そんなに緊張してたんだな〜。
改めて、前回初めての試合に臨んだ子供達の気持ちを思った。

一人一人、今日の試合の感想を聞いたが、今日はちゃんと答えが返ってきた。
得点は同じ11対1。コールド負け。
ヒットもなく(ルイのは内野安打か)、結果から見れば惨敗である。
でも、選手達は今日は試合を振り返ることができるようになった。

ファイターズ・タカオは、初回は乱れに乱れたが、途中マウンドでハッパをかけたら立ち直った。
思うようにいかないことに気持ちが折れそうになりながら、自分を奮い立たせ、今日は打点が取れたということで満足した、とファイターズの監督に報告したことを聞いた。
そうやって自分のいいところを自分で見つけて、楽しくやっていってほしいな。

ハルは今日も空振り三振だった。
おっかながりのハルは、捕るときも、投げる時も、打つ時も最後に腰を引いちゃうようなプレーになる。
いつもそのことを注意するが、この2試合の空振りは攻めの姿勢を感じられて嬉しかった。いつもその姿勢で練習してほしい。

予定通り23日に試合が行われていたら、コウタはいなかった。
前日連絡を受けた時、正直困ったな、と思った。
まだまだ急造のキャッチャーだから、パスボールも多いし、周りを気遣う余裕もないけど、コウタはこのチームの要だ。
今日一番のチャンスでコウタに回って来て、よし、と思ったけど、三振。この悔しさを次につなげてほしい。

3回のチャンスでタイチに期待した。
結果は三振だったけど、これからもずっと期待をしていく選手だと思う。
前回は、サードで黒目がちな瞳を開いたままどこか別世界にいるような顔で守っていたが、今日はちゃんとボールが見えているようだった。
誰よりも野球が好きで、時々好き過ぎて自分の世界に入っちゃうけど、試合経験を積んで行けばちゃんと周りが見えるようになるだろう。

ルイは前の試合出られなくて泣いていた。
練習態度が悪いからだと言っても、本人にはよくわからないようだ。
でも、今朝は遅刻しなかった。
いつも誰かから何か言ってくれるのを待っているようなところがあるから、今日は練習中は一言も声をかけずに様子を見ていた。
すると、キャッチボールにも自分から入り、言われもせずにセカンドの守備練習に入っていた。試合に出るにはそういうことが必要だと少しはわかったのかもしれない。
唯一のヒットを打って、塁に出て、盗塁も決めて、よくやったとほめてやろう。

リンダイはまだまだ覚えなきゃいけないことだらけだ。
決まった時には素晴らしい打球を飛ばすし、バッティングの構えはいかにも打ちそうな雰囲気を醸し出す。
もっと力を抜いて柔軟に動けるようになったら大化けしそうな期待感がある。
伸びしろたっぷりな素材だ。

前の試合で、トモキだけが「楽しかった」という感想を口にした。
トモキは見た目よりも度胸がある。
ボールは怖がるくせに場は怖がらないようだ。
反応は良くないけど、いつも考えながらプレーしている様子が伺える。入ってきた頃に比べてずいぶん投げ方も打ち方も良くなってきた。
体がしっかりしてくれば、急にうまくなるかも知れない。

ファイターズ・ハクトもまた楽しそうにやっていた。
違うチームの中での練習なのに、最初から打ち解けて練習していたのが印象的だった。
あんな顔して練習してたら、教える方も楽しくなる。きっと上手くなるだろうな。

前の試合ピッチャーをやったマオの感想は「もっと投げたかった」だということをお母さんから聞いた。
昨日の練習でフライを鼻に直撃して、病院に運ばれた時は心配したが、腫れただけで何でもなく、ボールを怖がる様子もなかった。2年生の中で、最も頼りになる選手だと思う。
今日は塁に出て唯一の得点をあげた。
前の試合、小さな身体でマウンドに立つ姿は頼もしくも見えた。是非、エースになってもらいたい。

ケイスケは1年生なのにバッティングがいい。
今日代打で使いたかったが、チャンスが回って来なかった。今度は是非打席に立たせたい。

ケンジロウはもっとも試合中楽しそうだった。
6年生から可愛がられているから、試合中も6年生に教えてもらいながら、バットを引いたり、ボールを拾ったりイキイキとやっていた。
そうやって試合の雰囲気を味わって覚えて行ってほしい。

セイダイは、出る気満々なところがいい。
残念ながらまだ知らないことが多すぎて試合には出られないけれど、その、俺が俺が感は、素晴らしい素養だと思う。将来が楽しみだ。

今日いなかったユウダイは前の試合ではライトで固まって、置物のようだった。
今日いれば、ぬいぐるみくらいには柔らかくなっていただろうか。
最近ボールの捕りかたが良くなってきた。ライトゴロでアウトとってほしい。

反省会の後、もっと練習しなきゃな、ということで長いランニングをした。
「じゃあ、ランニング行くぞ」という言葉に誰も不満を言わなかった(ハルも)。

コーチ達も付き合って、子供達にとってはそれなりの距離だったけど、誰も脱落せずに帰って来た。

練習の厳しさ、大切さを熱く説く落合コーチと洲崎コーチに乗せられて、更にダッシュを繰り返し、それに全員ちゃんとついて来た(ルイも)。
上気したその顔がとてもいい顔で、また1つ成長したように見えた。

初めての緊張感、負ける悔しさ、練習の大切さ、色んなものを感じてくれたらいい。

この子達の少年野球の物語は始まったばかりだ。

(池谷コーチ前向きニュース2012晩秋)

2012年11月18日
●志村秋季大会決勝戦(Bチーム:3〜5年生)
vs大山キングス 2対4で敗北
【フリーズ】1安打・3三振・9四死球・1盗塁・6味方エラー
【大山キングス】3安打・0三振・2四死球・4盗塁・4味方エラー
◆高野(1〜3回64球・対戦打者16人・被安打3・奪三振0・与四死球2・失点4)
【安打者】◆高野(センター前)

Bチームのエース
写真はこちらから

2012年11月11日
●志村秋季大会2回戦(Bチーム:3〜5年生)
vs蓮根ロータス1対4で敗北。
【フリーズ】0安打・4三振・3四死球・1盗塁・6味方エラー
【蓮根ロータス】3安打・3三振・1四死球・1盗塁・3味方エラー
◆高野(1〜4回 59球・対戦打者20人・被安打3・奪三振3・与四死球1・失点4
【安打者】 なし

2012年11月11日
●志村秋季大会一回戦(Dチーム:3年生以下)
vsオール中台 1対11で敗北
【フリーズ】2安打・5三振・1四死球・2盗塁・12味方エラー
【オール中台】4安打・4三振・8四死球・13盗塁・1味方エラー
◆喜多村(1〜3回75球・対戦打者15人・被安打4・奪三振4・与四死球6・失点8
◆及川(舞)(3回18球・対戦打者5人・被安打0・奪三振0・与四死球2・失点3)
【安打者】◆野島(ライト前H)◆嶋田(ライト前H)

2012年11月4日
●志村秋季大会(Aチーム)
vs相生キングス 2対0で敗戦
【フリーズ】2安打・2三振・5四死球・1盗塁・4味方エラー
【相生キングス】6安打・7三振・1四死球・3盗塁・1味方エラー
◆藤田(1回〜6回95球 対戦打者24人 6被安打・7奪三振・1与四死球・2失点)
【安打者】◆大野(レフト前H・センター前H)

6年生にとって最後の試合となった。

いい写真だ!
写真はこちらから

2012年11月3日
●志村秋季大会(Aチーム)
vs大山キングス 1対4で勝利 
【フリーズ】6安打・4三振・5四死球・9盗塁・2味方エラー
【大山キングス】2安打・7三振・1四死球・2盗塁・2味方エラー
◆藤田(1回〜5回70球 対戦打者18人 2被安打・7奪三振・1与四死球・1失点)
【安打者】◆吉野(センター前H・センター前H)◆根本(センター前H)◆横山(ピッチャー強襲内野安打) ◆大野(ライト前H)◆黒木(センターオーバー3H)


マサトもたまには打者で登場
写真はこちらから

2012年10月28日
●志村秋季大会一回戦(Bチーム:3〜5年生)
vs板橋オーシャンズ13対1で勝利
【フリーズ】7安打・2三振・8四死球・11盗塁・2味方エラー
【板橋オーシャンズ】0安打・3三振・2四死球・1盗塁・10味方エラー
◆高野(1〜4回 55球・対戦打者16人・被安打0・奪三振3・与四死球2・失点1
【安打者】◆村主(センター前H)◆渡部(ライト前H)◆常山(レフトオーバー2H)◆萩原(センター前H) ◆高野(サード内野安打)◆菅原(サード内野安打)◆中里(ライト前H)

2012年10月21日
●くりくり大会決勝戦(Bチーム)
vs若木ベースボールクラブ 2対6で敗退
【フリーズ】1安打・10三振・5四死球・3盗塁・7味方エラー
【若木ベースボールクラブ】6安打・2三振・4四死球・5盗塁・2味方エラー
◆高野(1〜4回 79球・対戦打者23人・被安打6・奪三振2・与四死球4・失点6
【安打者】中里(センター前)
『試合満足度』


「顧客満足とは、期待値に対する充足度である」
−J.D.PowerV世ー


夕暮れになり日没が近づいた最終回、先頭のシュウが打った一塁方向へのいい当たりのファールを見たとき、これでシュウは三振するなと僕は思った。

その予想に反して、シュウがセンター前にクリーンヒットを打ったとき、驚きと共に感動が身体を熱くした。

前の回に4点とられて6対1、敗色濃厚な中でシュウのこの一打はこの試合を象徴していた。

初回に1点とったあと、相手がショウの球を打ちあぐねる中放った三遊間のゴロ。
サードのシバがボールに触ってはじいた後ろにショートのヒッシーがいた。

そのボールをヒッシーがうまく捕って送球動作に入ったとき、僕は「暴投するなよ」と心の中で願った。
そんな心配をよそにヒッシーが落ち着いて投げたそのボールは、キレイなワンバウンドで一塁リュウセイのグローブへと収まった。

「いいぞ!ヒッシー」思わず大声で歓声を上げた。

4回裏、レフトへのフライをユウスケは目測を誤って反らしてしまった。

その直後、再びユウスケの前に打球が飛んだとき、また後ろに反らすんじゃないかと僕はドキドキした。
しかし、打球をかっこよくシングルキャッチしたユウスケが投げたバックホームの送球は、ダイレクトにキャッチャーのミットに収まり、タッチアウト。

「かっこいい!!!」そこにいたコーチ達はみんな興奮した。

試合結果は6対2。
1安打、10三振、7エラーという数字だけ見ると、如何にも負け試合だけれど、内容は違った。

ショウはすっかりピッチャ−らしくなってきた。
けん制も様になっているし、ピンチになっても動せずストライクを投げている。
最終回につかまってヒットを重ねられたが、そこまでの4回、要所で三振も取りながら見事に抑えていた。

リュウセイはキャプテンらしく、引っ張っていこうという姿勢が見えた。
一番打者で2三振だったけど、積極的に振っていく姿は他のメンバーに勇気を与える。
最終回に死球をもらってチャンスを広げ、ムードを盛り上げて、もしかして逆転するんじゃないかと期待させるあたり、リュウセイらしいいいムードだ。

タイセイは内野の要のような動きをしていた。
ショートが三遊間に寄りすぎる中で、一人でこまめに動いてセカンドを守りながら、もう少しで盗塁を阻止できるんじゃないかと期待させた。

4番シバが最後に放ったセンターフライは、捕られはしたがいい当たりだった。シバが打席に立つと打つような気がして、わくわくさせられる。
三塁の難しいファールフライも捕って、体格と共に頼りになる感じが強まった。

センターにトモヤがいることで、外野が締まって見える。
センターへのフライを危なげなく捕る姿は、外野の要らしい堂々としたものだった。

ケンタが何度も牽制球を投げていた。
キャッチャーでけん制投げるのは、勇気がいるし、すぐに反応しないと出来ないことだ。
随分と周りが見えるようになったんだな、と感心した。

この大会、ここまでの2試合、四死球の多さを見て、相手の乱調に助けられて勝ったんだと思っていた。

試合開始前、相手の体格の良さと練習のときの動きを見て、これは大差で負けるんじゃないかと思っていた。

相手投手の速い球に先頭のリュウセイが三振した時、こりゃあ敵わないんじゃないかと思った。

そんな予想をすべて裏切ってくれる内容で”惜しくも”負けた。

最後の打者シバの打球が夕暮れの中、センターへと放物線を描き、相手のグローブに収まるのを見ながら、負けて悔しいけど、なんと充足感のある試合を見せてもらったのだろうと思った。

いい試合だった。
準優勝おめでとう!

次はもっと期待値高いからね、更にいい内容の試合を見せてくれよ。

(池谷コーチ前向きニュース2012秋)

2012年10月8日
●くりくり大会Bチーム3回戦 
vs板橋オーシャンズ7対6で勝利
【フリーズ】2安打・3三振・11四死球・7盗塁・4味方エラー
【ドリームス】2安打・2三振・4四死球・7盗塁・4味方エラー
◆高野(1〜3回67球・対戦打者15人・被安打2・奪三振2・与四死球4・失点6)
【安打者】◆村主(レフト前H)◆渡部(センター前H)

今度は11四死球か、
こっちが四死球少ないから良いんだな。
ショウは良いピッチングしてるんだ。
次は決勝だ!
納会に飾るトロフィー増やしてくれよ
優勝しようぜ!

2012年10月6日
●くりくり大会Bチーム2回戦 
vs中板橋ボーイズ13対4で勝利
【フリーズ】2安打・5三振・16四死球・9盗塁・3味方エラー
【ドリームス】2安打・3三振・3四死球・3盗塁・6味方エラー
◆高野(1〜4回52球・対戦打者19人・被安打2・奪三振3・与四死球3・失点4
【安打者】◆村主(ライト前H)◆菱沼(サード内野安打)

16四死球とは、相手は乱調だったんだね
そういう試合でしっかりとボールを見極める訓練が大事。
そういう時にナメて打席に立ったり、打ちたくてボール球に手を出したりしないで、きっちりとした野球をやることで上達するよ。
そのことが6年になったときにも生きてくる。
藤田監督は、そういうことを大切にしていると思うよ。


遊撃手ヒッシー、カッコいいじゃん

3年生コンビ、コウタとトモキは投げ終わった後の姿が似ている
写真はこちらから

2012年9月22日
●コーチのための強化練習試合
3位入賞!?

ナイターで2試合。
大人で組んだオーダーも最後は中学生と小学生のチームになってしまった
野球は難しいということを改めて実感
でもやっぱり野球は楽しい


右のエース

左の本格派
写真はこちらから

2012年9月17日
●区民大会2回戦 
vsドリームス 10対1で敗戦
【フリーズ】2安打・2三振・3四死球・1盗塁・5味方エラー
【ドリームス】5安打・3三振・4四死球・0盗塁・2味方エラー
◆黒岩(1回〜5回93球 対戦打者28人 5被安打・3奪三振・4与四死球・10失点)
【安打者】◆横山(センター前H)◆吉野(センターオーバーHR)

『6年生の君たちへ』
戸田F面に到着したときマウンド上に赤い大きな身体の投手が見えた。
大きなフォームで、ズバッと速球を投げ下ろす。
「お〜、迫力あるな〜」
相手チームながら、いい投手だなと思った。

バッターボックスのユウトが、その球をセンターにキレイにはじき返した。
ナイスバッティング。
その後のショウもヨウヘイもアウトにはなったが、決して負けていない感じがした。
こんなピッチャーにちゃんと向き合えるようになったんだ。
感心した。
この6年生たちが4年生の頃、弱かった。
何とかなるのはケントくらいで、なかなかまともな試合にもならなかったっけ。
監督やりながら、この試合どうやって終わりにしたらいいんだろうと途方にくれたのを覚えている。
昨日の試合でタツマがピッチャーをやったと聞いた。
この学年のチームはそれが原点だった。
原点に戻ったその試合は、内容も原点に戻ってしまい、散々だったとも聞いた。

でも、勝った。

その結果がこのチームの成長を物語っている。

個々人の力がまだ低すぎて試合にならなかった2年前。
徐々に力がついてチームとして戦えるようになった去年。
ユウトが加わり、それぞれに自分のポジションを得て、その危なっかしくもうまいバランスでこのチームは戦い、前野地区で優勝し、今こうして新人戦優勝チームに対しても臆せず戦っている。

試合は、結局10対1で大敗した。
スコアで見るよりチャンスはあったし、勝てないことはないと感じる試合でもあった。

でも、やっぱり10対1なのだ。

試合後監督がポツリと言った。
「自滅だな」

相手に仕掛ける前に、チームとして力を発揮する前に、自らダメになっちゃう。

それは技術というより、気持ちだろう。
このチームは仲がいいと言われる。
チームのまとまりがあるとも。
それは素晴らしいことで、だから今日の相手にも怯まず戦えるようになって来た。

でも、みんなチームに頼っていないか?
チームに甘えていないか?

このチームは「オレが、オレが」という選手がいないからまとまりが良いという。
それはチーム力ではあるけど、お互いが依存し合うと弱くなってしまう。
今必要なのは、皆それぞれが「オレが何とかしてやる」っていう気持ちと行動だ。

ケント、全部アウトにするからショートに飛んでこい、って叫びながらバッターにらんでやれ。

ショウ、5年生にマウンド任せるなよ、オレがいつでも抑えてやるって気持ちで引っ張れよ。

ショウタ、ライトに飛んで来たら何がなんでも捕ってやるって気迫でボールに向かえよ。

ヨウヘイ、デットボールでも振り逃げでも、どんな形でも塁に出て、ホームに帰ってやるって思いで動き回れよ。

タツマ、絶対にホームは踏ませないって気持ちでボールを止めて、ホームを死守しろよ。

ユウト、全打席出塁だ。塁に出たら必ずホームに帰って来い。絶対に打つっていう気迫を前にだせよ。

見せてくれよ、そんな更なる成長の姿を。

君たちの成長を見られる前野フリーズでの最後の大会がもうすぐ始まる。

(池谷コーチ前向きニュース2012初秋)

2012年9月16日
●区民大会1回戦 
vs徳丸親和会 5対9で勝利
【フリーズ】7安打・2三振・4四死球・8盗塁・3味方エラー
【徳丸親和会】3安打・2三振・4四死球・0盗塁・2味方エラー
◆黒岩(1回〜3回51球 対戦打者13人 3被安打・1奪三振・1与四死球・1失点)
◆大久保(4回29球 対戦打者8人 0被安打・1奪三振・3与四死球・4失点)
【安打者】◆大久保(レフト前H)◆横山(センター前H)◆藤田(ライト前H・センター前H)◆高橋(左中間3BH)◆吉野(レフトオーバーHR)◆黒岩(センター前H)

タツマが投げたって!?
で、どうだった?
・・・・・
あ〜、やっぱり
プロテクターつけてないとコントロール悪いんだよな
盗塁は刺せるようになったけど、そこは変わらないのね
でも、勝ってよかった。


監督のサインをしっかり見て、よし行くぞ!

練習生-早く入団してくれよ

将来の4番-待ってるぞ
写真はこちらから

2012年9月15日
●(通称)くりくり大会3回戦 Aチーム
vs板橋ドリームス 7対3で敗戦
【フリーズ】2安打・1三振・2四死球・1盗塁・5味方エラー
【板橋ドリームス】7安打・1三振・3四死球・4盗塁・4味方エラー
◆黒岩(1回〜4回68球 対戦打者19人 被安打・4奪三振・2与四死球・4失点)
◆藤田(5回20球 対戦打者6人 3被安打・0奪三振・1与四死球・3失点)
【安打者】◆根本(ライト前H)◆黒木(センター前H)

初回の攻防が試合を分けたようだね
勝てない試合ではなかった、と言っていた監督が悔しそうだったよ


いつでも出られる準備はできてるぜ!
写真はこちらから

2012年9月8日
●(通称)くりくり大会2回戦 Aチーム
vs西台アローズ 5対2で勝利
【フリーズ】6安打・1三振・1四死球・2盗塁・3味方エラー
【西台アローズ】3安打・3三振・5四死球・0盗塁・2味方エラー
◆藤田(1回〜3回2/3 57球 対戦打者15人 2被安打・2奪三振・5与四死球・2失点)
◆黒岩(3回1/3〜4回20球 対戦打者4人 1被安打・0奪三振・0与四死球・0失点)
【安打者】◆大野(センター前H)◆大久保(ライトオーバー2H)◆横山(センターオーバー2H)◆藤田(センター前H)◆高橋(サードセフティBH)◆吉野(センター前H)

雨による待機時間があったにも関わらず、先行逃げ切り。よし、いいぞ!
相手の油断を見逃さず、ランナー2‐3塁でホームスチールを仕掛けて成功させたショウタ!すごいじゃないか!そういうプレーはチームを盛り上げて、相手を意気消沈させるよ。
ナイスプレー!
一塁ランナーで何度もけん制をもらって、相手のリズムを崩して、イライラさせたユウト!さすがだ。
オール板橋で苦労しているだけのことはある。レベル1つ上げたな。
6年生が6年生らしいプレーをしたね。この時期に成長を感じられるプレーが見られるなんて嬉しいよ。監督も喜んでたぞ。
もっと、もっと成長して、喜ばせてくれよ。


左手で防いで、右手で相手のみぞおちに・・・・って、何の指導してんだ?!
写真はこちらから

2012年9月2日
●前野リーグ戦 表彰式
お見事!両チーム優勝!


うれしいうれしい優勝。監督は大きいね。


笑顔、笑顔の優勝。監督は小さいね。
写真はこちらから

2012年9月2日
●前野リーグ戦 Aチーム決勝戦
vsファイターズ 1対0で勝利、優勝!!!
【フリーズ】6安打・1三振・2四死球・3盗塁・2味方エラー
【ファイターズ】2安打・3三振・5四死球・2盗塁・0味方エラー
◆藤田(1回〜6回90球 対戦打者23人 2被安打・3奪三振・5与四死球・0失点)
【安打者】◆大野(レフト前H)◆根本(レフト前H)◆大久保(センター前H)◆横山(左中間2H)◆高橋(レフト前H)◆藤田(センターオーバー2H)

やったー! V(^O^)V 嬉しいね、Bと合わせてW優勝。1日に2つ優勝するなんて、初めてかな?!
締まった試合をモノにしたんだね。やればできるじゃん。きっとバッテリーが良かったんだろうね。
監督もコーチ達もよろこんでたろう。前の日もくりくりで良い試合で、2日続けて気持ち良かっただろうね。こういうときの懇親会は鼻高々なんだよ。
そんな気持ちにさせてくれて、監督、コーチも選手たちに感謝しているよ。ありがとう。
よし、まずは1つ目標達成。
6年生は、くりくり、志村秋季、区民大会と年末に向け有終の戦いが続く。 またしっかり練習して、今度は板橋区で一番になろう!


力投するショウ。投げ方が随分良くなった。成長したなー。
写真はこちらから

2012年9月2日
●前野リーグ戦 Bチーム決勝戦
vsファイターズ 0対7で勝利、優勝!!!
【フリーズ】5安打・4三振・4四死球・8盗塁・0味方エラー
【ファイターズ】1安打・1三振・0四死球・1盗塁・6味方エラー
◆黒岩(1〜4回48球・対戦打者13人・被安打1・奪三振1・与四死球0・失点0
【安打者】◆吉野(レフト前H)◆村主(レフトオーバー2H)◆常山(ライト前H)◆渡部(センター前H)◆及川(レフト前H)

優勝おめでとう!嬉しいね。F監督泣いていただろう?優勝は嬉しいよ。
応援に行けなくて、試合後前野公園の前でキャプテンRに会ったから「何対いくつだった?」って聞いたら、「3対0です!」って気持ちよく答えてた。「誰打った?」って聞いたら、「俺が打って2点取って、タイキも打って2点で・・・」「???おい、それでもう4点だぞ?」「あれ?、4対0?、いや7対3・・・・」。
わかったよ、R。7対0だったんだな。次は試合結果も覚えろよ。


レフトから真剣なまなざしで試合を見ているように見えるリュウセイ。
写真はこちらから

2012年9月1日
●(通称)くりくり大会1回戦 Aチーム
vsグリーンファイターズ 5対3で勝利
【フリーズ】7安打・5三振・9四死球・6盗塁・4味方エラー
【グリーンファイターズ】6安打・1三振・2四死球・1盗塁・3味方エラー
◆黒岩(1回〜4回51球 対戦打者15人 5被安打・0奪三振・1与四死球・3失点)
◆藤田(4回〜5回26球 対戦打者7人 2被安打・1奪三振・1与四死球・0失点)
【安打者】◆根本(ショート内野安打・センター前H・セカンド内野安打)◆大久保(ショート内野安打)◆横山(レフト前H)◆高橋(ライトオーバーHR)◆吉野(レフトオーバーHR)

いつの間にか新しい大会が始まった。秋は忙しいからね。
数字だけ見るとそう見えないけど、監督は良い試合だったと言っていた。
良い試合すると気持ちがこんなにいいものか、ととても嬉しそうだったよ。
そういう試合続けてくれよな。
HR打った二人は、お父さんがベンチにいなかったから、のびのび打てたのか?もしそうなら、今後のベンチ入りコーチ考えるけど・・・


のびのび打って、HR賞に喜ぶリョウタロウとタイキ
写真はこちらから

2012年8月26日
●前野リーグ戦 AチームA
vs北前野ブラックレンジャーズ 1対21で勝利
【フリーズ】9安打・0三振・9四死球・13盗塁・0味方エラー
【ブラックレンジャーズ】2安打・3三振・2四死球・1盗塁・11味方エラー
◆藤田(1回〜3回46球 対戦打者12人 2被安打・3奪三振・2与四死球・1失点)
【安打者】◆横山(センター前H・レフトオーバー2H)◆藤田(ライト前H)◆黒木(センターオーバー2H)◆高橋(ライト前H・ショート内野安打・ライト前H)◆黒岩(ショート内野安打・レフトオーバー2H)

大勝ですね。次はファイターズ戦、勝てば優勝。絶対優勝するぞ!

足が速そうに見えるヨウヘイその2。カッコイイよね。たぶんセーフ。
写真はこちらから


2012年8月26日
●前野リーグ戦 BチームA
vsブラックレンジャーズ1対6で勝利
【フリーズ】2安打・5三振・9四死球・11盗塁・4味方エラー
【ブラックレンジャーズ】0安打・7三振・4四死球・2盗塁・4味方エラー
◆高野(1〜4回 67球・対戦打者16人・被安打0・奪三振7・与四死球4・失点1
【安打者】◆常山(センター前H、センターオーバー3H))

シバのヒットは良かった!それにしても、そのシバのヒットだけ。淋しいね。勝ったけど、内容は良くなかった。たっぷりやった反省会での内容を生かして、次はスカッと勝ってくれよ。勝てば優勝だ!

監督の気合を感じてくれよ(T_T)

僕はちゃんと感じたよ、監督!(O_O)
写真はこちらから


2012年8月25日
●新人戦2回戦
vs高島エイト 1対8で敗北
【フリーズ】2安打・3三振・3四死球・1盗塁・6味方エラー
【エイト】5安打・1三振・2四死球・5盗塁・2味方エラー
◆黒岩(1〜4回 82球・対戦打者22人・被安打5・奪三振1・与四死球2・失点8
【安打者】◆高橋(右中間オーバー2H)◆高野(セカンド内野安打)

残念だな、選手以上に監督やコーチはガッカリしているよ。自分たちで開いた反省会、この試合で何を感じ、何を得たか。それを大事にして、この新チームで都大会に行こうよ。

2012年8月19日
●新人戦1回戦
vs蓮根ロータス 13対0で勝利
【フリーズ】10安打・4三振・3四死球・14盗塁・1味方エラー
【蓮根ロータス】3安打・4三振・1四死球・2盗塁・11味方エラー
◆黒岩(1〜4回 56球・対戦打者15人・被安打3・奪三振4・与四死球1・失点0
【安打者】◆吉野(センター前H・センター前H)◆及川(センター前H)◆高橋(ライト前H)◆常山(センターオーバーH)◆黒岩(セカンド内野安打・左中間H・レフトオーバー2H)◆高野(左中間H・センター前H)

この炎天下で1日3試合、よく頑張った。選手たちも大変だったけど、監督やコーチ、お母さん方も大変なんだ。感謝を忘れないようにな。

2012年8月19日
●前野リーグ戦 Aチーム@
vsイーグルス 4対7で勝利
【フリーズ】5安打・1三振・5四死球・6盗塁・1味方エラー
【前野イーグルス】7安打・6三振・1四死球・2盗塁・2味方エラー
◆藤田(1回〜5回73球 対戦打者24人 7被安打・6奪三振・1与四死球・4失点)
【安打者】◆根本(レフトオーバー2H)◆大久保(レフトオーバー2H・センターオーバー2H)◆菅原(センター前H)◆吉野(センターオーバー2H)

足が速いように見えるヨウヘイ
写真はこちらから


2012年8月19日
●前野リーグ戦 Bチーム@
vsイーグルス 3対4で勝利
【フリーズ】4安打・3三振・5四死球・7盗塁・1味方エラー
【前野イーグルス】4安打・3三振・7四死球・0盗塁・2味方エラー
◆村主(1〜3回67球・対戦打者16人・被安打4・奪三振2・与四死球6・失点3
◆高野(3回10球・対戦打者2人・被安打0・奪三振1・与四死球1・失点0
【安打者】◆吉野(サード内野安打・センターオーバー2H)◆村主(セカンド内野安打)◆高野(レフト前H)

ルイ!ちゃんと試合見ろよ。

タイセイ、意気揚々とホームイン!
写真はこちらから


2012年8月19日
●前野リーグ戦 開会式

いつもカメラ目線のケント
写真はこちらから

2012年8月5日
●中央親善2回戦
vs蓮根ロータス 4対6で敗戦
【フリーズ】4安打・3三振・5四死球・0盗塁・2味方エラー
【蓮根ロータス】7安打・1三振・1四死球・0盗塁・3味方エラー
◆黒岩(1回〜4回54球 対戦打者21人 被安打・1奪三振・1与四死球・6失点)
【安打者】◆高橋(ライト前H)◆横山(レフト前3H・ファースト内野安打)◆大久保(レフト前H)

写真はこちらから


●中央親善1回戦
vs中板橋ボーイズ 8対2で勝利
【フリーズ】5安打・2三振・4四死球・3盗塁・0味方エラー
【中板橋ボーイズ】6安打・2三振・1四死球・0盗塁・4味方エラー
◆黒岩(1回〜5回68球 対戦打者22人 6被安打・2奪三振・1与四死球・2失点) 【安打者】◆吉野(センター前H)◆高橋(右中間3HR)◆横山(センターオーバーHR)◆大野(センター前H)◆黒岩(センター前H)

写真はこちらから

2012年8月4日
●中央親善開会式

写真はこちらから

2012年7月28日
●練習試合
vs中野コンバッツ 5対1で敗戦
【フリーズ】3安打・2三振・6四死球・3盗塁・4味方エラー
【中野コンバッツ】7安打・2三振・2四死球・4盗塁・3味方エラー
◆横山(1回〜5回85球 対戦打者25人 7被安打・2奪三振・2与四死球・5失点)
【安打者】◆大久保(レフト前H)◆高橋(ピッチャー内野安打)◆藤田(センター前H)

写真はこちらから

2012年7月22日
●練習試合
vs三交スワローズ 9対4で勝利
【フリーズ】4安打・1三振・7四死球・12盗塁・2味方エラー
【三交スワローズ】6安打・1三振・0四死球・5盗塁・5味方エラー
◆藤田(1回〜4回60球 対戦打者19人 6被安打・1奪三振・0与四死球・4失点)
【安打者】◆根本(レフト前H)◆高橋(レフト前H)◆藤田(ライト前H)◆大野(右中間H)

写真はこちらから

2012年7月16日
★夏合宿3日目
前日から引き続きNHKが朝食の様子を取材

表彰式。班ごとの表彰のあと、コーチ、保護者からの褒め言葉(ホワイトカード)の獲得枚数順に好きな賞品をゲットしていった

その後はプールでウォータースライダーを飽きるほど楽しんで、お土産買って、無事帰宅。
今年も思い出一杯、楽しい、楽しい合宿でした。
夜は、眠い目をこすりながらNHKニュースに映った姿を楽しむおまけもついた今年の合宿でした。
写真はこちらから

2012年7月15日
★夏合宿2日目
朝から快晴、恒例の朝散歩で始まった

日帰り参加の応援団の支援を受けながら練習、紅白戦を繰り返す

手作りカレーライスを楽しんで、午後の初めはノックの腕を競うコーチダービー。ダークホース ヨッテモオオノの勝利で万馬券

たくさんの参加者全員で記念写真

夜はBBQを楽しんだ後、キャンプファイヤーで弾けた

写真はこちらから

2012年7月14日
★夏合宿1日目
『2012合宿の夜はワイルドだぜぇ〜』
未明の激しい雨の名残が残る午前6時半に集合
梅雨明け前の合宿だけど、何とか天気回復してくれと祈りながら霞ヶ浦へ
願いが通じ、練習ができるくらいには回復した
ぬかるんだグランドから起ち上がる熱気がすごい暑さの中合宿らしく泥んこになりながら練習

夜は、フリーズ教育委員会
第一部『手紙の仕組み』大野コーチ
第二部『夢を持つことの素晴らしさ』高橋コーチ
そして、
花火大会を楽しみました。





写真はこちらから

2012年7月8日
●志村大会Bチーム表彰式

写真はこちらから

2012年7月1日
●中央親善前野地区大会
vs北前野ブラックレンジャーズ 1対11で勝利
★中央親善大会前野地区代表決定!
【フリーズ】10安打・1三振・4四死球・9盗塁・0味方エラー
【北前野ブラックレンジャーズ】2安打・3三振・0四死球・1盗塁・5味方エラー
◆黒岩(1回〜3回 37球 対戦打者11人 2被安打・3奪三振・0与四死球・1失点)
【安打者】◆根本(ライトオーバー3H・ライトオーバーHR)◆大久保(サード内野安打前)◆横山(センターオーバー2HR)◆藤田(センターオーバーHR・ライト前H)◆大野(レフトオーバー3H)◆高橋(センターオーバーHR・ピッチャー内野安打)◆黒岩(サード内野安打)

写真はこちらから

2012年6月30日
●中央親善前野地区大会
vs前野イーグル 4対5でサヨナラ勝利
【フリーズ】6安打・7三振・2四死球・4盗塁・1味方エラー
【前野イーグルス】2安打・6三振・4四死球・1盗塁・3味方エラー
◆藤田(1回〜2回2/3 32球 対戦打者10人 0被安打・3奪三振・4与四死球・1失点
◆横山(2回1/3 9球 対戦打者3人 2被安打・0奪三振・0与四死球・3失点)
【安打者】◆根本(ピッチャー内野安打)◆大久保(ライト前H)◆藤田(レフト前H・センター前H)◆大野(サヨナラ2HR)◆黒岩(センター前H)

写真はこちらから


●中央親善前野地区大会
vs前野ファイターズ 6対4で勝利
【フリーズ】9安打・3三振・2四死球・4盗塁・1味方エラー
【前野ファイターズ】3安打・0三振・4四死球・0盗塁・2味方エラー
◆横山(1回〜5回1/3 56球 対戦打者16人 2被安打・0奪三振・2与四死球・2失点)
◆藤田(5回2/3〜6回27球 対戦打者7人 1被安打・0奪三振・1与四死球・2失点)
【安打者】◆大久保(ライト前H)◆横山(ショート内野安打)◆大野(センター前H)◆高橋(ライト前H・サード内野安打)◆吉田(センター前H)◆黒木(センター前H) ◆及川(レフト前H) ◆村主(センター前H)

写真はこちらから

2012年6月24日
●練習風景(前野小学校)

写真はこちらから

2012年6月10日
●くりくり大会4回戦
VS蓮根ロータス

写真はこちらから

2012年6月3日
●低学年練習風景(前野小学校)

写真はこちらから

2012年6月2日
●飯田杯2回戦
vs高島エイト 0対10でコールド負け
【フリーズ】2安打・3三振・0四死球・0盗塁・10味方エラー
【高島エイト】7安打・1三振・3四死球・8盗塁・0味方エラー
◆黒岩(1回32球 対戦打者12人 7被安打・0奪三振・1与四死球・7失点)
◆藤田(2回〜4回44球 対戦打者11人 0被安打・1奪三振・1与四死球・1失点)
【安打者】◆横山(レフト前H)◆藤田(センター前H)

写真はこちらから

2012年5月27日
●志村春季大会3回戦(Bチーム:5年生以下)
vs中板橋ボーイズ 16対5で敗北。
【フリーズ】0安打・1三振・7四死球・3盗塁・11味方エラー
【ボーイズ】8安打・2三振・6四死球・16盗塁・4味方エラー
◆村主(1回77球・対戦打者16人・被安打5・奪三振1・与四死球6・失点12)
◆高野(2回32球・対戦打者8人・被安打3・奪三振1・与四死球0・失点4)
【安打者】 なし

写真はこちらから

2012年5月24日
●前野小学校運動会

写真はこちらから

2012年5月19日
●練習試合(ABチーム)
vs小豆沢エース

写真はこちらから

2012年5月13日
●志村春季大会1回戦(Bチーム:5年生以下)
vs板橋オーシャンズ 不戦勝
●志村春季大会2回戦(Bチーム:5年生以下)
vs大山キングス 11対4で勝利
【フリーズ】5安打・0三振・7四死球・4盗塁・2味方エラー
【キングス】4安打・4三振・0四死球・6盗塁・6味方エラー
◆村主(3回47球・対戦打者15人・被安打4・奪三振4・与四死球0、失点4)
【安打者】◆村主(センターオーバー3H)◆常山(右中間オーバー3H、ライト前H)◆渡部(ライト前H)◆菅原(センター前H)

写真はこちらから

2012年5月13日
●志村春季大会2回戦
vsスラッガーズ 8対3で敗戦
【フリーズ】8安打・1三振・1四死球・7盗塁・7味方エラー
【スラッガーズ】5安打・5三振・4四死球・6盗塁・1味方エラー
◆横山(1回〜3回38球 対戦打者18人 2被安打・2奪三振・2与四死球・5失点)
◆藤田(4回〜6回44球 対戦打者15人 3被安打・3奪三振・2与四死球・3失点)
【安打者】◆横山(サード内野安打・左中間3H)◆藤田(センター前H・ライト前H)◆大野(ショート内野安打・センターオーバー)◆吉野(センター前H)◆吉田(センター前H)


『成長』
「戸田橋行くの久しぶりだな」
クルマを走らせながら、思わずつぶやいた。
去年まで見ていた今の5,6年生が、Aチームになったので、直接見る機会は減った。
それに伴い、また、低学年の人数が少ないこともあって、戸田に来るのはたぶん今年初めてだ。

ここのところ試合結果だけ見ていると、安打者が多いことにいつも感心していた。
先発全員安打みたいな試合がいくつもあったような印象がある。

去年、奇跡の会長杯優勝したあの子達が6年生。
久しぶりに見る彼らの公式戦、どんな試合ぶりなのか見るのが楽しみだ。

Bチームの試合を見たあと向かったE面の飯田杯オーシャンズ戦は、既に始まっていた。

1塁にケントがいる。
バッターは、タツマ。
次打者は横山ユウト。
一体何回なんだ?

次にショウが出て来て、ヨウヘイがいて、リョウタロウへと続いた。
吉田ユウト、マサト、タイキ。
誰が何番打者なんだかよくわからないチームだな、と感じた。

この順番、どこから始まっても、そんな打順もあるんだろうと思える。

おもしろいチームだ。

ケントは、見事なバントヒットを決めていた。
うまいもんだな。
元々器用な方だと思うけど、それに溺れて丁寧さに欠けるところがあったが、こんな丁寧なことができるようになったんだ!
ショートで献身的に動く姿にも成長を感じた。

タツマがヒットを打った。
おー、と僕は思ったが、みんなはそんなに驚かない。
以前はキャッチャーとしての守備は褒められたが、それだけだった。
それだけだって立派だけど、今は守備の良いことは当たり前に思えるくらいになった。
そしてヒットを打つことまで当たり前のようになって来た。

横山ユウトは、センターで打者を見ながらその都度守備位置を変えていた。
さすがだ。
2試合目の時、両翼を守る下級生にも指示してやれと言ったら、その通りにしていた。
変な言い方だが、僕の知る限り、これまでフリーズでオール板橋に選ばれた選手の中で最も素直な選手だと思う。
そこを見込まれたとは思わないが、その素直さから来る柔軟さが評価されたんだなと感じる。

ショウは身体が大きくなった。
見ていて頼もしさが増した。
誰が4番を打ってもおかしくないようなチームの中で、でも4番らしい風格も出て来た。
2試合目のピッチャーで、緊張して相変わらず間合いがなくなった時に、深呼吸して自分で落ち着きを取り戻していた。
そんなこともできるようになった。

ヨウヘイの打つ打球が強くなった。
随分振り込んでいるんだろうなと思うし、身体もできてきたんだろう。
暑がりのくせに長袖のアンダーシャツを着ているから、どうしたんだ?と聞いたら、いつも激しくスライディングするので、半袖だと擦りむいちゃうから長袖にしたという。
そのスタイルは前から変わらないが、ヨウヘイのそのプレーがチームを鼓舞する影響力が出てきている。

吉田ユウトが打席に立つと、ヒットを打つ気がしてきた。
そして期待に応えてくれる。
空振りの多かったユウトが、確実に球を捉えるようになった。
元々スイングは速いから、球を捉えられるようになったら強い。
1試合目の時、レフトへの打球に思わず前に出てしまい後ろに逸らした。
2試合目、同じような打球に対してちゃんと待って、しっかりキャッチした。
おー、学習効果があるじゃないか!
そんなこともきちんとできるようになった。

リョウタロウは相変わらず良い動きをしていた。
守備はもちろんだが、走塁が上手くなった。
状況を見ながら、考えて野球をやっている様子が伺える。
センスのある奴だから、それが考えて動けるようになると頼もしさが増す。

マサトはピッチング→バッティング→守備の順番で力量がバランスされていることは変わらない。
でも、バランスはそのままに全体的にレベルアップしている。
そのバランスを表すようにこのチームはマサトがピッチャーをやっている時が一番バランスが良いようだ。

タイキが9番にいるのは頼もしい。
バッティングの良さを買われて起用されているんだろうと思うが、期待に応えるようにヒットを打っている。
このチームがどこから打順が始まってもおかしくないように思えるのは、9番にタイキがいるからではないかとも思う。
おとなしいけど、何かいい存在感だ。

1試合目、代打で出たハルトが2打席目でコールドを決めるサヨナラヒットを打った。
相変わらず緊張した感じで打席に向かっていたが、1打席目に高めに手を出して凡打した経験を生かして、きちっと球を見極めた。
ハルトが打つと皆が嬉しくなる。
うちのマンションの下の広場で、強化練習後リョウタロウと2人で楽しそうにキャッチボールしている姿を見かけた。
二人の様子は、野球が好きで好きでたまらないといった雰囲気に溢れていた。
こんな奴らが活躍したら周りにいる皆が嬉しくなるのも当然だ。

皆が随分と成長した。

1試合目の快勝のあと2試合目は、大事なところで打てず、肝心なところでエラーする典型的負け試合だった。
全員のバランスで保っているこのチームは、少しそれが狂えばこうなる。

でも、この負けた2試合目。
上手くいかず、差を縮めてはまた広げられる展開の中で、どこかで切れて腐ってもおかしくなかったが、だれもその様子がなかった。
皆黙々と自分の課題をこなしながら試合に取り組んでいるような、そんな前向きさを感じた。

誰から始まってもおかしくない打順が組めるこのメンバーは、切れ目がない打順とかいう立派なものではなく、皆が小粒というような卑下したものでもなく、個々人が上手くなりたいという思いで繋がる強さを秘めたチームのようだ。
勝利はその結果としてもたらされる。

Aチームは、春は強かったけど、秋になると強さがなくなってしまうことがある。
このチームは秋まで成長し続けられる、そんな予感を抱きながら、夕暮れの戸田橋をあとにした。

今年もまたこれからたくさんここに来るのだろう。
皆の成長を楽しむために。

(池谷コーチ前向きニュース2012春)

2012年5月13日
●飯田杯1回戦
vsスラッガーズ 10対1で勝利 ベスト8進出!
【フリーズ】8安打・2三振・6四死球・7盗塁・2味方エラー
【スラッガーズ】3安打・1三振・0四死球・0盗塁・3味方エラー
◆黒岩(1回〜4回49球 対戦打者15人 3被安打・1奪三振・0与四死球・0失点)
【安打者】◆根本(センター前H・サード内野安打)◆大久保(センター前H)◆横山(右中間HR)◆藤田(センター前H)◆吉田(センター前H・センター前H)◆及川(センター前H)

2012年5月6日
●志村春季大会1回戦
vs大山キングス 7対10で勝利
【フリーズ】7安打・1三振・5四死球・7盗塁・2味方エラー
【大山キングス】8安打・2三振・0四死球・4盗塁・3味方エラー
◆黒岩(1回32球 対戦打者9人 3被安打・2奪三振・0与四死球・4失点)
◆藤田(2回〜4回20球 対戦打者11人 5被安打・0奪三振・0与四死球・3失点)
【安打者】◆根本(センター前知H) ◆大久保(レフト前H)◆横山(センター前H) ◆大野(右中間3H)◆高橋(サード内野安打)◆黒岩(セカンド内野安打)◆吉田(ライト前H)

写真はこちらから(開会式)
写真はこちらから(試合)

2012年5月5日
●練習試合B
vs前野ファイターズB 6対3で勝利
【フリーズ】9安打・6三振・2四死球・11盗塁・2味方エラー
【前野ファイターズB】3安打・7三振・10四死球・5盗塁・6味方エラー
◆村主(2回55球・対戦打者14人・被安打0・奪三振5・与四死球4・失点1)
◆高野(2回59球・対戦打者14人・被安打3・奪三振2・与四死球6・失点2)
【安打者】◆鈴木(レフト前)◆村主(センター前)◆渡部(センター前・センター前)◆萩原(ライト前・BH)◆菅原(レフト前)◆高野(内野安打・左中間2H)

●練習試合A
vs前野ファイターズA 10対1で勝利
【フリーズ】15安打・2三振・2四死球・6盗塁・0味方エラー
【前野ファイターズA】2安打・4三振・4四死球・2盗塁・0味方エラー
◆黒岩(2回34球・対戦打者7人・被安打1・奪三振2・与四死球1・失点1)
◆横山(2回27球・対戦打者8人・被安打1・奪三振0・与四死球1・失点0)
◆藤田(3回42球・対戦打者11人・被安打0・奪三振2・与四死球2・失点0)
【安打者】◆根本(ライト前・ライト前2H)◆大久保(センター前・レフト前)◆横山(左中間オーバー2H)◆藤田(ショート内野安打)◆大野(レフトオーバー2H・レフト2H)◆高橋(ライトオーバー2H・ライト前)◆吉野(センター前・レフト前)◆黒岩(ライト前)◆黒木(レフト前・ライト前)

2012年4月22日
●くりくり大会3回戦
vsオール中台 10対1で勝利 ベスト8進出!
【フリーズ】5安打・1三振・5四死球・10盗塁・1味方エラー
【オール中台】4安打・0三振・1四死球・1盗塁・5味方エラー
◆黒岩(1回〜3回39球 対戦打者12人 2被安打・0奪三振・1与四死球・1失点)
◆横山(4回22球 対戦打者5人 2被安打・0奪三振・0与四死球・0失点)
【安打者】◆大久保(レフト前H)◆横山(センター前H)◆藤田(センターオーバー3H)◆大野(レフトオーバーHR)◆高橋(ファースト内野安打)

写真はこちらから

★横山優人くんがオール板橋に選ばれました!!

2012年4月15日
●学童大会2回戦
vs仲宿ファイターズ 3対2で敗戦
★昨年度新人戦準優勝チームに惜しくも敗れる!残念あと一歩!
【フリーズ】3安打・9三振・0四死球・2盗塁・5味方エラー
【仲宿ファイターズ】3安打・2三振・4四死球・5盗塁・2味方エラー
◆黒岩(1回〜5回82球 対戦打者22人 2被安打・2奪三振・3与四死球・2失点)
◆藤田(1回20球 対戦打者5人 1被安打・1奪三振・1与四死球・1失点)
【安打者】◆根本(サード内野安打・レフト前ヒット)◆横山(センター前ヒット)

写真はこちらから

2012年4月8日
●学童大会1回戦
vs西台アローズB 21対0で勝利
【フリーズ】7安打・2三振・11四死球・21盗塁・0味方エラー
【西台アローズB】0安打・7三振・0四死球・0盗塁・13味方エラー
◆藤田(1回〜4回37球 対戦打者12人 被安打0・7奪三振・0与四死球・失点0)
【安打者】◆大久保(センター前H)◆横山(センターオーバー3H・レフト前 )◆大野(センター前H)◆高橋(レフトオーバー2H)◆塚本(ライト前H)◆吉田(レフトオーバー2HR)

写真はこちらから

●体験会
フリーズ体験会が開催されました。
今回は前野小学校から1〜3年生7人、北前野小学校から1年生1人、年長さん1人の合計9人が参加してくれました!
ランニング、キャッチボール、バッティングと皆みるみる内に上達していきました!
是非来週からも来てください!
今回来れなかった方も、いつでも見学・体験可能ですので、気軽にいらしてください!

2012年4月1日
●くりくり大会2回戦
vsドリームス 0対1で勝利
【フリーズ】3安打・3三振・3四死球・1盗塁・3味方エラー
【ドリームス】5安打・1三振・2四死球・2盗塁・1味方エラー
◆黒岩(1回〜6回84球 対戦打者25人 5被安打・1奪三振・2与四死球・0失点)
【安打者】◆藤田(レフトオーバー2H)◆吉田(センター前H・サード内野安打)
★昨年度新人戦 優勝チームに勝利!

写真はこちらから

2012年3月20日
●練習試合
vs大山キングス 3対5で勝利
【フリーズ】3安打・4三振・5四死球・6盗塁・1味方エラー
【大山キングス】4安打・2三振・2四死球・2盗塁・1味方エラー
◆黒岩(1回〜4回68球 対戦打者18人 被安打4・2奪三振・2与四死球・3失点)
【安打者】◆根本(レフト前H)◆渡部(センター前H)◆黒岩(レフト前H)
大山キングスの皆様ありがとうございました。

写真はこちらから

●学童大会開会式
板橋軟式野球連盟主催の学童大会の開会式が行われました。

写真はこちらから

2012年3月18日
●くりくり大会1回戦
vs高島平イーグルス 1対11でコールド勝利
【フリーズ】6安打・0三振・7四死球・9盗塁・2味方エラー
【高島平イーグルス】3安打・7三振・3四死球・3盗塁・8味方エラー
◆横山(1回〜3回72球 対戦打者16人 被安打3・7奪三振・3与四死球・1失点)
【安打者】◆根本(ショート内野安打)◆大久保(レフト前H)◆横山(レフトオーバー3H)◆大野(センター前H)◆藤田(レフトオーバーHR)◆高橋(ライト前H)

写真はこちらから

2012年3月11日
●卒団式&親子試合
本日で6年生が前野フリーズ卒団となりました。
一人ひとりに監督よりコメントを頂き、6年生からも一人ひとり挨拶がありました。
6年生には記念品として、ミニチュアにした紺ユニフォームの入ったプレートが手渡されました。
また、東日本大震災から1年の今日、全員で黙祷を行いました。


恒例の6年生vs監督・コーチ・父母チームの試合も行いました。
大人気ない大人達を相手に、見事6年生チームが勝利を収めました。

写真はこちらから

●くりくり大会開会式(4、5年生)
板橋区少年野球連盟主催のくりくり大会の開会式が行われました。
いよいよ大会が始まるぞ!!頑張れフリーズ!!

写真はこちらから

2012年3月4日
●練習試合(4、5年生)
vs 小豆沢エース
寒空の中、戸田球場にて練習試合を行いました。
小豆沢エースの皆様ありがとうございました。
7対4で勝利
【フリーズ】5安打・6三振・6四死球・9盗塁・3味方エラー
【小豆沢エース】5安打・2三振・2四死球・3盗塁・2味方エラー
◆横山(3回44球・対戦打者15人・被安打4・奪三振0・与四死球1・失点3)
◆黒岩(2回23球・対戦打者7人・被安打1・奪三振0・与四死球0・失点1)
◆藤田(2回29球・対戦打者7人・被安打0・奪三振2・与四死球1・失点0)

写真はこちらから

2012年2月26日
●練習試合(4、5年生)
vs 上組こだま野球スポーツ少年団(新潟)
雪で練習の出来ない新潟の少年野球チームが練習試合に来てくれました!
長旅の疲れを見せず、フリーズと2試合、ファイターズと1試合で計3試合を行いました。
上組こだまの皆様ありがとうございました。
1試合目 0対3で敗戦
【フリーズ】6安打・1三振・4四死球・4盗塁・6味方エラー
【上組こだま】2安打・4三振・1四死球・6盗塁・2三方エラー
◆横山(3回56球・対戦打者16人・被安打2・奪三振3・与四死球1・失点3)
◆黒岩(2回25球・対戦打者7人・被安打0・奪三振1・与四死球0・失点0)
【安打者】◆高橋(ライト前)◆横山(センター前)◆大野(センターオーバー2H・レフト前)◆大久保(ライト前)◆黒岩(レフト前)
2試合目 3対4で敗戦
【フリーズ】5安打・4三振・1四死球・1盗塁・4味方エラー
【上組こだま】5安打・6三振・3四死球・7盗塁・1三方エラー
◆藤田(3回55球・対戦打者12人・被安打1・奪三振4・与四死球2・失点0)
◆村主(3回62球・対戦打者17人・被安打4・奪三振2・与四死球1・失点4)
【安打者】◆高橋(センター前)◆大野(レフトオーバー2H・センター前)◆藤田(レフトオーバー2H・レフト前)

写真はこちらから

2012年2月19日
●紺ユニフォーム配布
いよいよ始まる2012シーズン大会に向けて、新選抜メンバーに紺ユニフォームが監督より手渡されました。


2012年2月11日
●前野地区マラソン大会
前野地区マラソン大会が見次公園沿道で開催されました。
ご家族の方々やコーチ達のたくさんの声援を受けて、選手たちも、持てる力を全て出し切って、頑張りました。
フリーズからは、1年生女の子の部で及川舞生ちゃんが見事優勝しました。おめでとう!

写真はこちらから

2012年2月5日
●6年生お別れ試合(前野地区)
恒例の前野地区4チームの卒業生・混合チームによるお別れ試合が北前野小学校で開催されました。
共に戦ってきた仲間達と交流し、皆楽しそうに試合に臨んでいました。
フリーズからは鈴木君の所属するチームが、本人の力投もあり優勝しました。



2012年1月22日
●NTT野球教室
恒例のNTT野球教室に参加しました。
昨年は今年横浜の監督になる中畑氏でしたが、今年は元中日の依田投手がゲストでした。
微妙な天候でしたが最後まで熱心に指導して頂きました
関係者の皆様ありがとうございました。

写真はこちらから

2012年1月8日
●フルマラソンに挑戦
恒例の「フルマラソンに挑戦」で今年も練習が開始されました。
選手チームと父母・OBチームの対抗戦で行われる、一人一周100mをバトンタッチして42.2Kmをリレーする盛大なイベントです。
今年は、選手32名、コーチ21名、OB12名、父兄・兄弟18名が参加してくれました。
皆様ありがとうございました。
422周、選手チームのタイムは、2時間37分29秒。
目標としていた日本女子の記録2時間19分19秒には届きませんでした。
最近5年くらいでは最も遅いタイムでした。(5,6年生がもっと頑張ってくれないとね・・・。)
各学年ごと目標としていた周回数に届いたのは、
6年生:なし
5年生:吉田(22)、大野(21)、根本(18)
4年生:黒岩(20)、高橋(18)、及川(18)、吉野(16)、村主(16)、萩原(15)、鈴木(14)、菱沼(13)、塚本(13)、渡部(13)
3年生:常山(12)、中里(10)
1年生:及川(12)、中里(10)、西村(8)、大森(7)
最多周回数は、吉田君の22周でした。
大人では、萩原コーチの28周が最高でした。明日歩けるのか心配です。
最後は、旧キャプテン加藤君から新キャプテン根本君にバトンが渡され、そして恒例のヘッドスライディングでゴール!!
終了後、お母さん達が作ってくださった豚汁を皆でいただきました。ご馳走様でした!
同日、次期の父母会役員が決まりました。
 会長  根本君のお母さん
 副会長 横山君のお母さん
 会計  藤田君のお母さん
皆様ご協力お願いいたします。



写真はこちらから